現在、スマートフォンは様々な素材が使用され、色々な形状のスマートフォンケース/カバーが発売されています。
ですが、どんなタイプのものを使えば良いのか迷っている人も多いのではないでしょうか?そういった悩みがある人にそれぞれのケースのメリット・デメリットをここでは紹介します。

ハードケースのメリット・デメリット

保護面積が広い

ハードケースはプラスチック製のケースで、手軽に背面と側面を保護できるので非常に人気の高いスマホケースです。

プラスチックといってもポリカーボネイトといった、いわゆる合成樹脂で作られているので耐久性は十分あります。
なので、ちょっとした高さから落としてしまっても本体にキズが付き難いです。

デザインが豊富

一般的に広く普及しているケースなだけあって、デザインが豊富で、それぞれの機種にあったものを探しやすいのもメリットです。

プリントされたデザインも綺麗で、ハードケースを愛用しているという人は多いのではないでしょうか。

比較的安価なものが多い

プラスチック製ということで、他のケースと比べて安価で購入することができます。
スマホケース登場当初からあるケースで、使ったことがある人が多いケースです。

安価で購入できるので、他のケースに変える時も気兼ねなく交換できます。
また、最初から使い捨てと割り切って使う人もいるようです。

熱がこもりやすい

スマートフォンを長時間使用しているとケースにより十分な放熱がされなくなります。
プラスチック系のケースは熱がこもりやすく、バッテリーは熱に弱い性質を持ちます。
それが、結果的にバッテリーの寿命を縮めてしまいます。

耐久性は微妙

素材にもよりますが、ハードケースはプラスチックを素材にしたケースが多く、スマホを落とした時の衝撃を吸収しきれずにケースが割れてしまうことがあります。
ケースが割れるだけなら良いですが、落下時の衝撃でケースまで外れて、スマホが結局破損するといったこともあります。

また、裏面の保護は良くても表面に関しては保護性能は無いに等しいので、保護フィルムか強化ガラスフィルムを貼っておくことをオススメします。

ソフトケース(TPU)

柔らかいのに丈夫

ソフトケースは合成樹脂のTPUという素材でできています。
柔らかいのに丈夫でシリコンケースとは違う手触りです。
ハードケースと同じく、多くに人に使用されているケースです。

滑りずらい

ソフトケースはゴムの様なグリップ感があり、比較的滑りずらいという特徴があります。
ツルツルしたケースは特に滑りやすく、スマートフォンを頻繁に落とすという人はソフトケースを検討しても良いでしょう。

安価で購入しやすい

ハードケース同様に合成樹脂なので、安価で購入できます。

火や熱に弱い

火に強いスマートフォンケース自体あまりありませんが、TPU素材は特に火に弱い素材です。
普通は火の近くにスマートフォンを置くことはありませんが、気温の高い車内に放置などをするとケースが変形しやすくなり、グニャグニャになってしまいます。

色が変わりやすい

ソフトケースに使用されているTPUは紫外線を吸収しやすいという特徴があります。
そのため、外などで長時間紫外線を当てていると黄ばんできます。

バンパーケースのメリット・デメリット

本体デザインを損なわない

バンパーケースは背面を覆わず、スマホ側面に取り付けるケースです。
背面を覆わないため、気に入った本体デザインをできる限りそのままでスマホ本体を保護できます。

側面の保護に秀でているのはもちろんですが、本体の背面と画面が地面や机から若干浮く状態になるので平坦な場所であれば十分な保護性があります。

デザインが少ない

ハードケースのような、デザインをプリントできる面が少ないバンパーケースは、その形状上デザインは限られています。
金属素材のしっかりとしたものなら形状にも幅ができますが、価格は高くなりがちです。

手帳・ブックカバー型ケースのメリット・デメリット

前面を保護できる

手帳・ブックカバー型ケースは全背面や側面だけでなく、前面まで覆うことができます。
液晶画面も保護できるので徐々に人気が出ているケースです。

機能的

手帳・ブックカバー型ケースには様々な機能が備わっているのも人気が出てきている理由です。

代表的な機能だとカバー部分にICカードやクレジットカードなどや紙幣を入れられるので、ちょっとしたお買いものに出かける時に重宝します。
他にもスタンドとしても使えるものが増えてきているので、スマホでムービーなどを見る際にも使いやすいです。

手触りが良い

好みによるとはいえ、手帳・ブックカバー型ケースはレザーを使用したものが多く手触りが気に入っているという人が多いです。

厚み・サイズが増す

薄型・軽量化を考えられているスマートフォンですが、そんなメリットを消しかねないのが手帳・ブックカバー型ケースです。
使用しない時は二つ折にして持ち運ぶ必要があるため、スマートフォンの厚みが増してしまいます。

また、スマートフォンよりも一回り・二周りも大きく作られているため、全体サイズも増します.

シリコンカバーのメリット・デメリット

滑りにくい

ゴムのような触り心地のシリコン。
通常のスマートフォンは滑りやすいですが、シリコンカバーを付ければ滑りにくくなります。
また、衝撃にも強い素材なので、スマートフォンの保護に向いています。

特徴的

シリコンは、プラスチック類より柔らかい素材です。
プラスチックなら壊れてしまうような細いパーツでも、シリコンなら柔らかく丈夫なため、プラスチックでは不向きなパーツを作れます。
なので、より特徴的なケースを作ることができます.

ホコリが付きやすい

ゴムのような質感なため、一度付着したホコリが取りにくく、付着しやすいです。
最近では、対策として特殊な加工が施されているケースが増えています。

手触り

シリコンカバーは、プラスチックなど合成樹脂系やレザー系のような手触りとはちがう独特な手触りになっています。
あまり気にならない人もいるでしょうが、シリコン独特の手触りが好きなれないという人もいます。

 

スマホケースを持つ理由は様々ですが、ご自分の目的にどのケースが合うのか、何を一番優先したいのかが分かっていると選びやすくなります。

人によってはケースなんて必要ないという人もいるでしょう。
そんな人は「液晶保護ガラス」がオススメです。

保護フィルムにしては少し価格が高いですがそれに見合うだけの効果はあります。
ケースと同時に使用する際には、液晶保護ガラスがケースと干渉しないように気を付けてください。

スマップル上野店では、強化ガラス、強化フィルムを販売しております

ハンマーでたたいても割れない強化フィルムです。

実際店内で実演もしております。

ケースの好みはそれぞれです。

フィルムやガラスは当店お客様の安全面を重視して販売しております。

きれいに直したのに、また割れてしまう恐れは誰しもがあるからこそ、少しでも安全に使っていただけるように、販売しております。

しかもパネル交換をしていただいたお客様には

強化フィルム ¥2980→¥1980

強化ガラス  ¥3980→¥2980

でご提供いたしております。

iPhone修理に関しましたらぜひスマップル上野店にご相談ください。